剣道モノクロについて

剣道モノクロとは:
製作者/カメラマン―アンディー・ロジャーズ
翻訳者―兄山亜美
芸術監督―ネコの“モノ”


剣道モノクロ製作者からのメッセージ

私は剣道を学ぶにつれて、私の先生や先輩・後輩に、より一層感謝するようになりました。剣道は一人で練習することはできません。それは、昨日よりも良くなるために、コミュニティに参加し、お互いに助け合うものです。私が基本的なレベルで剣道を理解し始めた時、私が自分自身を理解していないことに気付きました。剣道では、自分との闘いが本当の闘いなのです。

ここ名古屋で、私はあらゆる年齢の剣道をする人々に囲まれています。彼らはいつも私に驚きを与え、私がより努力し、新しいレベルに到達し続けることを鼓舞してくれます。私は人生で、彼らに会うことができ幸運です。私は決して日本人として見られることはないでしょうが、(また、私はオーストラリア人であり、そうなりたいとは思いませんが、)道場や試合場では、いつも平等に扱われています。私は人生の歩みにおいて、剣道以外のスポーツや職業で、純粋さを見つけることはめったにありません。

これらの理由によって、また、私が製作を楽しむことによって、あなたと何かを共有したいと思っています。

♦日本国外の方々に:あなたの剣道の旅で、あなたのお手伝いをするために、日本の中の景色を提供したいです。
♦日本国内の方々に:私はそれぞれの機会に感謝し、これらの時間を記録したいです。
♦剣道を知らない方々に:剣道の文化の美しさのごく一部をお見せしたいです。

「人生は短い。しかしあなたが内側で維持しているものは、あなたから取られることはない。この日を無駄にしてはいけない。」

あなたが剣道モノクロで何らかの価値を見つけられたら光栄です。
アンディー・ロジャーズ

Kendo Monochrome HomepageAll imagery within kendomonochrome.com is subject to international copyright law.
Please contact enquiry@kendomonochrome.com for more information.